母と娘のロンドン旅行 ~プチ旅ブリュッセル付き~


日本へ帰ってきて思うこと

1)電車

ロンドンは、鉄道の発祥地である。鉄道網は、東京と同じくらい進んでいる。
でも、ロンドンの地下鉄は、チューブと呼ばれるとおり、小さく、丸いので、とても窮屈な感じがする。頭が天井に付きそうになっている人もいた。

車両や表示は、東京のほうが断然進んでいる。

東京のスイカと同じようなオイスターカードというものが、地下鉄にはあったが、反応が遅い。3秒くらいしないと、ゲートが開かない。

JRのスイカは、性能がよく、瞬時に反応する。しかも、ケースに入れたままでもすばやく反応する。

オイスターカードも、ケースのままでもOKだか、反応が悪いので、結局、ケースから出して使用した。東京のすばやい反応になれてしまうと、たった3~5秒がとても長く感じてしまう。

ユーロスターの自動改札も、とてもゆっくりで、2~3回切符が出たり入ったりした後、すーっと中へ入って、戻ってくる。なんで、一度ではいらないの?と思ってしまう。
ユーロスターの切符は、航空券と同じくらい大きい。

(2)水

ロンドンの水道水は、飲料可。さすがに、生水は飲まなかったが、ホテルの湯沸しポットで、紅茶や東京から持っていった緑茶はよく飲んだ。
紅茶はとてもおいしいが、緑茶は、うわさの通り、数分で黒くなってしまい、コップが、茶渋で、すぐに汚れてしまう。

(3)ミネラルウォータ

ミネラルウォーターは、種類が多い。 ガス入り・ガスなし・香りの付いたものもいろいろある。
ただ、香りの付いたものは、好きでないと、あまり飲む気にはならない。

一度、間違ってイチゴの香りの付いた水を買ってしまった。匂いが強くて、飲めなかった。
水は、加工していない普通のものにかぎる。

ボトルの口が、日本と違っていた。
e0114162_21152633.jpg


日本は、口が広いが、ロンドンのペットボトルは、細くなっている。


日本では、ペットボトルに入った、アイスティがあるが、ロンドンではまったく見かけなかった。冷たい飲み物として売っているのは、水とジュース類、スーパーへ行けば、牛乳(これは、全脂肪・低脂肪・無脂肪)など種類が多い。)、ヨーグルトなどがあるか、お茶の類は、何もなかった。ウーロン茶・アイスコーヒーも、勿論無かった。
[PR]
by sotugyo-ryoko | 2007-03-27 21:19 | 独り言

<< 日本へ帰ってきて思うこと(2)      お土産(3) スコッチウイスキー >>

旅行記
by sotugyo-ryoko
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧