母と娘のロンドン旅行 ~プチ旅ブリュッセル付き~


第8日目 さようなら ロンドン

午後3時、ANAハローツアーの係りの人が、ホテルへ迎えに来てくれた。

帰国に当たっての事務手続きのことを教えてもらう。
免税書類の書き方・手荷物のことなど、

ロンドンのヒースロー空港は、手荷物検査が厳しいと聞いてはいたが、確かに、確かに。

まず、手荷物は1個のみ。女性でも、ハンドバックと手提げというわけにはいかないそうである。手提げのなかに、ハンドバックをいれて、1つにしなければならないとのこと。
大きめの手提げをもってきておいてよかった。

次に、液体は、不可。ペットボトルの飲み物なんてもってのほかである。
クリーム・ジェルなどは、100ミリリットル以下の容器で、1人5つまで、透明のビニール袋にいれて、検査員に認めてもらうことが必要である。したがって、歯磨き粉や化粧品も安易に持ち込めないことになる。

ちなみに、これは、3月より、日本の国際線でも実施されるようになった。

荷物の整理が終わると、ホテルのポーターの人が、バスに積んでくれた。

ホテルの玄関を出るとき、フロントに居た人が、ブリュッセルに行くときに、スーツケースを預け、帰ってきたとき、部屋まで運んでくれた人だったので、バイバイと手を振ったら、向こうも、その場で、にこっとして、小さく、手を振ってくれた。

荷物を積んだ人は、積み終わると、中へさっさと入っていった。

もし、これが、日本の和風の旅館だったら、玄関まで出てきて、バスを見送ってくれるであろう。
見送りらしきものは、何もない。

文化・風習の違いを痛感した。

4時ごろ空港に到着。
まず、免税の手続きをして、搭乗手続き、係りの人と一緒なので、安心である。

座席は、空席があると思っていたら、修学旅行の団体といっしょで、満席とのこと。3人席を、子供と2人で座ろうと思ったのに・・残念!!!!

せめて、通路側をと思ったが、それもないとのこと、がっかりして、飛行機に乗る。
[PR]
by sotugyo-ryoko | 2007-03-06 22:39 | 駅・空港

<< 帰りの飛行機で      第8日目 ロンドンの朝 大英博物館 >>

旅行記
by sotugyo-ryoko
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧